背中の黒ずみの原因

背中の黒ずみを気にする人は多いですよね。
しかも夏目前にして背中が黒ずんでいたらせっかくの夏を満喫できません。

 

水着を着るにも抵抗が出てきますし、
背中の開いたかわいい服を着る事もためらってしまいます。
そんな背中の黒ずみですが、なぜ黒ずんでしまうのかじっくりと考えてみませんか。

 

背中の黒ずみの原因

背中というのは、皮脂が多く分泌される部分なのです。

 

背中を清潔に保っていなければ背中の毛穴に皮脂や汚れが溜まり、
それが酸化していき毛穴が詰まっていきます。
すると角栓によって毛穴が黒ずんでくるのです。
これは背中の毛穴の黒ずみになります。

 

この黒ずみを放っておくと、背中にニキビができます。
ニキビは例え治ったとしても、跡に残る事があります。
そしてニキビ跡が黒ずむという現象が起こってしまうのです。

 

このように背中の黒ずみというのは、
毛穴のつまりやニキビによって引き起こされる事が多いと言うことです。

 

背中の黒ずみは消える?

背中にできた黒ずみはもちろんケアをすれば消えます。

 

毛穴が詰まってしまった毛穴の黒ずみも、
ニキビ跡の黒ずみも、どちらもケアの仕方は同じです。

 

とにかく背中の肌の状態は常に清潔を保つこと。
そしてお風呂で背中を洗う時には、
天然繊維をしようしたタオルなどで優しく洗う事をお勧めします。

 

さらにシャンプーやボディーソープが背中に残ったままという場合がありますので、
背中のすすぎは特に入念におこないましょう。背中にも化粧水やローションなどを塗り、
保湿しておくと効果的です。