くるぶしの黒ずみの原因

くるぶしが黒ずんでいるとサンダルを履いたりするときにとても抵抗がありますよね。

 

特に足を出す時期になってきた夏には、くるぶしが黒ずんでいたらテンションが下がってしまうでしょう。

 

しかしくるぶしを常に触っているわけでもないのに、なぜくるぶしが黒ずんでくるのでしょうか?そこには様々な原因があることが分ってきました。

 

くるぶしの黒ずみの原因というのは、古くなった角質のせいだと言われています。

 

さらに足下というのは血行が悪くなりやすい場所なので、血行不良が原因となり黒ずんでくるということもあります。

 

くるぶしの黒ずみは血行不良と古い角質の蓄積によるものが多くを占めています。

 

どちらに原因があるのかは、ケアをしていかなければわかりません。

 

くるぶしの黒ずみケア

くるぶしの黒ずみを予防するため、改善するためのケアがあります。

 

まずは血行不良が原因と言う場合には、足元がむくんだり冷えたりしやすいのです。

 

そういった症状がある場合には、くるぶしの黒ずみも血行不良の可能性がありますので、まずは血行を良くする事に専念してみましょう。

 

マッサージをしたり体を温めたりすると効果的ですね。

 

しかし古い角質の蓄積により、くるぶしが黒ずんでしまっている場合には、また違ったケアの方法をしなければいけません。

 

古い角質を蓄積させないためにも、清潔にする事はもちろんのことですが、そのほかにも乾燥を防ぎ保湿をすること。

 

優しく丁寧なケアが必要になってきます。