傷跡を放置しているあなたへ

黒ずみ案内

 

以下のようなケガの傷跡は放置しておくと色素が沈着し黒ずみしやすいといわれています。

  • 火傷
  • 切り傷・擦り傷
  • ニキビ跡
  • 虫刺されの跡
  • 剃刀負け

ですので、傷跡からの色素沈着を防ぐために以下の3つポイントを意識して生活しましょう!

 
保湿と栄養補給を大切に!

黒ずみ案内

 

傷跡の黒ずみを治すには、肌のターンオーバーを高めることが大事です。そのために必要なのが保湿と栄養補給です。乾燥肌の人は特に意識して保湿と栄養補給を行うようにしてください

 

肌を保湿するためには保湿化粧水保湿クリームを使うことをお勧めします

保湿化粧水のススメ

肌の保湿目的で化粧水を選ぶ場合は、以下のような保湿成分が入ったものを選んでください

  • プロテオグリカン
  • 胡蝶蘭エキス
  • スクワランオイル
  • グリセリン
  • トレハロース

上記の保湿成分が角質層に届くことで、肌が潤って保湿されます。

フルアクレフ エッセンス

乾燥肌に潤いを与える「プロテオグリカン」が豊富に含まれている辺見えみりさんおすすめの保湿美容液です。トクトクコース入会の場合初回送料無料の650円とかなりお得になります。

 

黒ずみ案内

しかし、化粧水はどうしても一時的なものなので、時間がたてばあっという間に乾燥してしまいます。

 

そこでおすすめなのが、保湿クリームとのコンビネーション使用です。

保湿クリームはセラミドが重要!

保湿クリームは脂となじみやすい脂溶性と、水にもなじみやすい水溶性の両方の性質を持ち、なにより保湿力が強みである「セラミド」が含まれた保湿クリームを使うことをおすすめします。セラミドが含まれた保湿クリームを使用することで、肌バリア機能を高めてくれます。

 

トリニティーラインはセラミド成分が従来のクリームと比較して55倍になっています。そのため、保湿しても潤わない人のために作られた保湿クリームです。初回限定で1,900円から購入できます。

 

黒ずみ案内

そのほかの脂溶性が含まれている成分
  • スクワラン
  • 馬油
  • ホホバオイル

などがあります。この脂溶性が含まれている保湿クリームをスキンケアの後半に加えるとより効果的といわれています。

 
 
紫外線対策をしっかり行う

黒ずみ案内

 

傷跡ができた皮膚は薄くなっているため、紫外線による色素沈着を起こす可能性が普通の肌より高くなっています。

 

実は「紫外線ケアは一年を通じて行うことが大切」と言われており、すぐには治りません。なので、できる限り早めに紫外線対策を行うことをおすすめします。

 

冬になれば紫外線はでいないと勘違いしがちですが、実はそんなことはなく、ピーク時の3割程度は降り注がれているといわれています。ですので、「冬の3ヵ月間なにも対策をしなくて過ごすこと」=「夏の1ヵ月間を直射日光を浴びて過ごす」と同じなのです。

 

雪が積もった地域は特にご注意を!

雪が積もった場所は日差しだけでなく、反射での紫外線も浴びていることになります。ですので、雪が積もった地域に住んでいたり、遊びに行ったりするときは可能な限り夏と同じ対策をするようにしてください。

 

傷跡に刺激を与えないように!

かすり傷などを負ってしまった箇所に、さらに刺激を与えると皮膚が刺激を受けたという反応を起こし、より多くメラニンが生成されてしまいます。

 

このメラニンは皮膚のターンオーバーによって古い角質などと一緒に排出されるのが一般的ですが、新陳代謝が悪い状態であると、なかなか排出されずにメラニン色素が沈着してしまいます。

 

ですので、できる限り傷跡に刺激を与えないようにしてください!

 

 

傷跡の黒ずみは消せる?

傷跡が黒ずむ経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。傷跡と言っても色々な傷跡がありますよね。

 

かすり傷やけがをしてしまった場合や、手術をした後の傷跡といったものまで、たくさんの種類の傷跡があります。

 

まず、かすり傷などを負ってしまうと、皮膚が刺激を受けたという反応を起こすので、メラニンが生成されてしまいます。

 

このメラニンは皮膚のターンオーバーによって古い角質などと一緒に排出されるのが一般的ですが、新陳代謝が悪い状態であると、なかなか排出されずにメラニン色素が沈着してしまいます。

 

すると傷跡が黒ずんでしまうというわけなのです。

 

手術の傷跡というのは、皮膚を切開するとその切り傷のラインに沿った部分の皮膚が黒ずみになってしまうと言う事があります。

 

時間が経てば薄れていくとは言われています。しかし傷跡は目立つ可能性があります。

 

傷跡の黒ずみを消す方法

かすり傷などによって出来てしまった黒ずみは、ハイドロキノンという薬で消える可能性が高いです。

 

この成分はかなりの漂白作用を持っているので、たくさん使用することはおススメではありませんが、使用法を謝らなければ効果は期待できます。

 

そして手術の傷跡にできた黒ずみにかんしても、ハイドロキノンは効果を発揮します。

 

しかし、ハイドロキノンに関しては賛否両論あるので、医療レーザーで黒ずみを除去する方法を取る人も多いですね。

 

レーザーであれば安全性が確立されているものが多いので、黒ずみを消す事が出来るでしょう。