傷跡の黒ずみは消せる?

傷跡が黒ずむ経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。傷跡と言っても色々な傷跡がありますよね。

 

かすり傷やけがをしてしまった場合や、手術をした後の傷跡といったものまで、たくさんの種類の傷跡があります。

 

まず、かすり傷などを負ってしまうと、皮膚が刺激を受けたという反応を起こすので、メラニンが生成されてしまいます。

 

このメラニンは皮膚のターンオーバーによって古い角質などと一緒に排出されるのが一般的ですが、新陳代謝が悪い状態であると、なかなか排出されずにメラニン色素が沈着してしまいます。

 

すると傷跡が黒ずんでしまうというわけなのです。

 

手術の傷跡というのは、皮膚を切開するとその切り傷のラインに沿った部分の皮膚が黒ずみになってしまうと言う事があります。

 

時間が経てば薄れていくとは言われています。しかし傷跡は目立つ可能性があります。

 

傷跡の黒ずみを消す方法

かすり傷などによって出来てしまった黒ずみは、ハイドロキノンという薬で消える可能性が高いです。

 

この成分はかなりの漂白作用を持っているので、たくさん使用することはおススメではありませんが、使用法を謝らなければ効果は期待できます。

 

そして手術の傷跡にできた黒ずみにかんしても、ハイドロキノンは効果を発揮します。

 

しかし、ハイドロキノンに関しては賛否両論あるので、医療レーザーで黒ずみを除去する方法を取る人も多いですね。

 

レーザーであれば安全性が確立されているものが多いので、黒ずみを消す事が出来るでしょう。