ひじ・ひざの黒ずみケア方法

ひじとひざに黒ずみが出来る人は少なくないのではないでしょうか。
そもそもこの2か所というのは、歩くときや腕を動かすときには必ず伸び縮みするものになりますよね。

 

ですから他の部分に比べて皮膚も厚くなりますし、ひじやひざの皮膚への負担も大きくなってきます。
そんな背景からひじやひざの黒ずみというものは、しつこいと言われます。

 

皮膚の角質は古くなるとターンオーバーをして新しい細胞と入れ替わるのが常識です。
しかし、洋服で皮膚が擦れたり、ひじやひざのように常に伸び縮みしている部分の皮膚は
ターンオーバーが出来ない状態が長引くので、古い角質が溜まってしまい皮膚が硬くなり
黒ずみができます。ですからひじとひざの黒ずみは落とすのに時間が必要になります。

 

 

ひじとひざの黒ずみケアの方法

ひじとひざは皮膚が硬くなっていますので黒ずみをケアして治していくには、
まず始めに皮膚を柔らかくしていくことが大切になります。

 

ひじやひざの皮膚が硬くなっているので力を加えて洗ってみても
大丈夫だと思ってはいけません。皮膚が硬くても刺激は禁物です。
洗う時は黒ずみが落ちるわけではないので、やさしく軽くあらいましょう。

 

そしてひじもひざも乾燥している状態になっているはずですので、
保湿を十分にしてあげましょう。

 

その際に軽く皮膚が柔らかくなるようにマッサージをすると効果的です。
ケアには気長に頑張ると言う努力が待っていますが、
頑張ればそれだけキレイなひじとひざが手に入ると考えてがんばりましょう。