肌の黒ずみの原因は?

肌には黒ずみが出来る事があります。

 

そんな黒ずみを発見したときはショックを受けてしまいますよね。そこで黒ずみをどうにかしようと模索するでしょう。

 

しかし、闇雲に黒ずみに対して刺激を与えてしまっては、逆効果ということがあります。

 

ですから肌の黒ずみを発見した場合には、まず原因を知る事が大切になってきます。

 

肌の黒ずみには色々な原因がある

肌と言っても顔や体など全身が肌ですよね。皮膚で覆われた体ですからどこに黒ずみができてもおかしくはありません。

 

肌に出来る黒ずみの原因というのは、体内からの原因と体外からの原因があるといわれています。

 

体外からの場合の原因

肌の黒ずみには様々な原因があります。

  • 毛穴が黒ずんでいくパターン
  • ニキビ跡が黒ずんでいくパターン
  • 肌が衣類と擦れてしまい乾燥してしまい肌が乱れて黒ずんでいくパターン
  • 古い角質が溜まり皮膚が硬くなってしまったパターン

体内からの場合の原因

体内の環境が原因の場合には、ホルモンバランスの乱れというものがあります。新陳代謝の低下が原因になり、肌がターンオーバーできない状態に陥ると黒ずみができてしまいます。
この大元の原因はホルモンバランスの乱れですよね。
ではなぜホルモンバランスが原因は以下のことから多くあげられるそうです。

  • 不規則な生活
  • 食生活が乱れ
  • 睡眠不足やストレス

このようなことが要因で乱れがおこってしまいます。

 

これらの原因を改善させることで、肌のターンオーバーも正常な周期に戻るので肌がきれいになっていきます。

 

身体の外側からの原因としては、肌を清潔に保てていないことや乾燥してしまっているという原因があります。

 

毛穴の黒ずみは皮脂バランスの問題ですし、肌の保湿と水分のバランスというのはとても大切なことになります。
バランスを保ち清潔にしておくことで黒ずみを解消することができます。