足の付け根 黒ずみの原因

足の付け根が黒ずみを帯びていると、恥ずかしくて裸足になることができません。
しかし足の付け根という部分が黒ずむなんてことは、あまり考えませんよね。

 

それでもたくさんの人が足の付け根の黒ずみに悩んでいるのです。
綺麗な肌色の足に戻したいですよね。

 

そこでなぜ黒ずんでくるのかと言う事を考えてみましょう。

 

 

足の付け根の黒ずみの原因

まず足の付け根というのは、身体の中でも圧倒的に血流が悪い場所です。
そのために血行不良になっている可能性があります。

 

血行不良になると、黒ずみが出てくる事があります。
足先が冷たい人やふくらはぎがむくみやすい人などは、
血行の問題が関係している可能性が高いです。

 

足の付け根というのは知らぬ間に刺激を受けている場所でもあります。

 

そして、皮膚も硬くなりやすい場所なので、
摩擦などの刺激によりメラニン色素が皮膚を保護しようと働き出すのです。

 

するとメラニン色素が沈着して黒ずんでしまうという原因があります。
このように足の付け根の黒ずみには、いくつかの原因がある可能性が考えられます。

 

足の付け根の黒ずみは治る?

まず血行不良による黒ずみであれば、
血行を良くするためのマッサージを行ったり、身体を冷やさないようにしたり、
食生活に気を配りながら血流を良くする事を考えて行くことで、
黒ずみが消えていくでしょう。

 

そしてメラニン色素の沈着が原因であれば、
清潔に保ちながら優しく皮膚を柔らかくするマッサージをしたりしながら、
黒ずみのある部分をケアすることで改善されていきます。